パンスト  コレクション        トラスパレンツェ大好き

見せたいパンスト vol.165 動画編

Trasparenze トラスパレンツェ イタリア製

今年の秋冬コレクションとなります。

モデルさんは紫色を履いていますが 私のは黒です。

b0172776_1963157.jpg


このタイツの柄はこんな感じです。

柄がなんとなくラーメンのどんぶりのナルト模様を想像させるのは私だけかしら?

b0172776_1858502.jpg


私のは黒なのでド素人の日本人が履くとこんな感じ~

黒なのでやはりシルエットが綺麗で

足首もボーダーの影響もなく締まって見えますね。

http://zoome.jp/danaide/diary/130 ←クリックすると動画でご覧頂けます。
b0172776_19491177.jpg


黒なのでどんなシーンのお洋服にも合わせるのが簡単です。

フォーマルなんてなかなかそんな場面に出くわしませんが

これなら真冬の寒い結婚式で ドレスにタイツで出かけても寒くないですね。

そして今回の百合の花は

手前からティバー(強いピンク)クリスタルブランカ(白)

奥にレディピンク(優しいピンク)ノバゼンブラ(白の大輪)

ティバーは香がとても強いです。

ほのかに香るのではなくてここにいるよ~って自己主張して香ります。

ティバーが入ってしまったので大人しいレディピンクの影が薄くなっています。

甘さの強さで言えばクリスタルブランカもまけていません。

 濃厚で芳醇ですね

ノバゼンブラは甘さの質に個体差があるのですが 香はやはり甘く濃厚で芳醇です。

所謂大輪で純白ですね。 大きい花になると洗面器ほどの大きさになりますよ~ホント

カサブランカは一年を通して一度も買いませんでした。

下を向いて咲くのがカサブランカなのでサイドテーブルに置くと花の顔が見えないのです。

白の百合をカサブランカと云うのではありません。

カサブランカよりも改良され 持ちも良く香も濃厚で大輪という種類はたくさんあります。

街のお花屋さんで白の大輪の百合の花を見かけたら

下を向いている純白の百合がカサブランカですので識別してみてくださいね。

シベリアという白の大輪はとても長持ちしますし上を向いて咲くのでこれはとてもいいですよ~

b0172776_19565588.jpg


紹介用に見せる部分を沢山出すためにミニスカですが・・・・・

日常もここまでのミニではないですが そこそこのミニで

このまま会社に出勤しお仕事してます。

この程度のタイツの柄なら嫌味がないでしょう?

b0172776_19525333.jpg


素材の肌触りはとても もしゃもしゃしてる感じが柔らかく

反発もあり収縮性もあるので 履きやすいです。

また保温性も保湿性も優れており 履き心地は極めて上々です。

クオリティの高さが イタリアの香として漂っていますね。
[PR]
by danaid | 2009-12-23 18:59 | トラスパレンツェ
<< 見せたいパンスト vol.16... 見せたいパンスト vol.164  >>



素敵な柄パンスト       インポート物
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31